日本共産党大津市議会議員団
日本共産党大津市議会議員団 日本共産党大津市議会議員団
杉浦とも子石黒かづ子岸本のり子たてみち秀彦林まり



※Facebookページにリンク※ブログにリンク

政務活動費公開

日本共産党中央委員会
滋賀民報
大津市議会
大津市
滋賀県

サイト内検索 AND OR

2012年12月議会 各議案への党の態度

 2012年12月定例市議会が12月3日に開会され、12月21日に議案の採決が行われました。
 提出議案に対する党市会議員団の賛否をお知らせします。→議案請願・意見書

 党市議団の討論> 議案への討論意見書への討論 ※PDFファイル


【議案】

議案第142号【反対…共産党、風以外の賛成で可決】
大津市総合計画基本構想を実現するための基本的な計画を定めること
  •  提案されている実行計画は、いくつか評価できる点はあるものの、総体として前・目片市政を踏襲したものである。
     行財政改革についても、市民負担の増大、市民サービスの低下のおそれがあり、深刻な市民生活・経済情勢に応えるものとはなっていないため、本計画に反対した。

議案第143号(修正部分を除く原案)【反対…共産党以外の賛成で可決】
議案第143号修正案 【賛成…市民ネ以外の賛成で可決】
平成24年度大津市一般会計補正予算(第6号)
  •  本補正予算は、議案第165号・大津駅西地区都市再生住宅の設置に関する債務負担行為についてのものであり、原案に反対した。
     ※議案第165号を参照

議案第144号 【全会一致で可決】
平成24年度大津市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)

議案第145号 【全会一致で可決】
平成24年度大津市卸売市場事業特別会計補正予算(第1号)

議案第146号 【全会一致で可決】
平成24年度大津市財産区特別会計補正予算(第1号)

議案第147号 【全会一致で可決】
平成24年度大津市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)

議案第148号 【全会一致で可決】
平成24年度大津市堅田駅西口土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)

議案第149号 【全会一致で可決】
平成24年度大津市下水道事業会計補正予算(第1号)

議案第150号 【全会一致で可決】
大津市生活保護法に基づく保護施設の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定

議案第151号 【全会一致で可決】
大津市社会福祉法に基づく婦人保護施設の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定

議案第152号 【全会一致で可決】
大津市児童福祉法に基づく児童福祉施設の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定

議案第153号 【全会一致で可決】
大津市医療法施行条例の制定

議案第154号 【全会一致で可決】
大津市が設置する一般廃棄物処理施設に置く技術管理者の資格を定める条例の制定

議案第155号 【全会一致で可決】
大津市移動等円滑化のために必要な特定公園施設の設置に関する基準を定める条例の制定

議案第156号 【全会一致で可決】
大津市公営住宅法に基づく市営住宅等の整備の基準を定める条例の制定

議案第157号 【全会一致で可決】
大津市移動等円滑化のために必要な道路の構造に関する基準を定める条例の制定

議案第158号 【全会一致で可決】
大津市道の構造の技術的基準を定める条例の制定

議案第159号 【全会一致で可決】
道路法第24条の3の規定に基づき市道に附属する自動車駐車場又は自転車駐車場に設ける標識の表示に係る基準を定める条例の制定

議案第160号 【全会一致で可決】
大津市道に設ける道路標識の寸法を定める条例の制定

議案第161号 【全会一致で可決】
大津市準用河川に係る河川管理施設等の構造の技術的基準を定める条例の制定

議案第162号 【全会一致で可決】
大津市食品衛生法に基づく公衆衛生上講ずべき措置の基準に関する条例の一部改正

議案第163号 【全会一致で可決】
大津市都市公園条例の一部改正

議案第164号 【全会一致で可決】
大津市下水道条例の一部改正

議案第165号【反対…共産党以外の賛成で可決】
大津市大津駅西地区都市再生住宅の設置及び管理に関する条例の制定
  •  大津駅西地区の開発に伴い、地区内の借家人の住宅確保のため都市再生住宅が設置されるが、新家賃が現在よりも高くなる住民が住み続けられなくなるおそれがあり、本条例には必要な対策が盛り込まれていないため反対した。

議案第166号 【全会一致で可決】
大津市役所支所設置条例の一部改正

議案第167号 【全会一致で可決】
大津市立公民館の設置及び管理に関する条例の一部改正

議案第168号 【賛成…風、みんな以外の賛成で可決】
大津市附属機関設置条例の一部改正

議案第169号 【全会一致で可決】
大津市水道事業、下水道事業及びガス事業の設置等に関する条例の一部改正

議案第170号 【全会一致で可決】
大津市暴力団排除条例の一部改正

議案第171号 【全会一致で可決】
大津市市税条例の一部改正

議案第172号 【全会一致で可決】
大津市手数料条例の一部改正

議案第173号 【全会一致で可決】
大津市土砂等による土地の埋立て等の規制に関する条例の一部改正

議案第174号 【全会一致で可決】
大津市立児童クラブ条例の一部改正

議案第175号 【全会一致で可決】
大津市介護保険条例の一部改正

議案第176号 【全会一致で可決】
大津湖南都市計画事業堅田駅西口土地区画整理事業の施行に関する条例の一部改正

議案第177号 【全会一致で可決】
大津市営住宅の設置及び管理に関する条例の一部改正

議案第178号 【全会一致で可決】
工事請負契約の締結(瀬田南幼稚園園舎改築及び(仮称)瀬田南保育園園舎新築工事)

議案第179号 【全会一致で可決】
損害賠償の額を定めること

議案第180号 【全会一致で可決】
指定管理者の指定(大津市勤労福祉センター)

議案第181号 【全会一致で可決】
指定管理者の指定(旧大津公会堂)

議案第182号 【全会一致で可決】
市道の路線の認定

議案第183号 【全会一致で可決】
市道の路線の変更

議案第184号 【全会一致で可決】
滋賀県自治会館管理組合規約の変更

議案第185号【反対…共産党以外の賛成で可決】
滋賀県自治会館管理組合を解散すること

議案第186号 【全会一致で可決】
滋賀県自治会館管理組合の解散に伴う財産処分

議案第187号 【全会一致で可決】
監査委員の選任(重森昭彦氏)

議案第188号 【全会一致で可決】
固定資産評価審査委員会委員の選任

議案第189号 【全会一致で可決】
平野財産区管理会財産区管理委員の選任

議案第190号 【全会一致で可決】
人権擁護委員の候補者の推薦


【請願】

請願第15号 【賛成…湖誠、市民ネ、大志、風、惻隠以外の反対で否決】
活断層の疑いが極めて高い敷地内に設置されている大飯原子力発電所3号機及び4号機の運転停止を求める意見書を提出することについて

請願第16号 【賛成…共産党以外の反対で否決】
生活保護基準の引き下げはしないことなど国に意見書提出を求めることについて


【意見書】
意見書案第30号 【共産提案…共産党以外の反対で否決】
生活保護基準の引き下げを行わないことを求める意見書

意見書案第31号 【共産提案…湖誠、市民ネ、公明、大志、風、惻隠の反対で否決】
大飯原発の再稼動停止を求める意見書

意見書案第32号【反対:公明提案…共産党、みんな以外の賛成で可決】
防災・減災体制再構築推進基本法(防災・減災ニューディール基本法)の制定を求める意見書
  •  本意見書に記載されている公明党の「防災・減災ニューディール」政策は、防災などを名目に10年間で100兆円の公共投資を行おうというものであり反対。

意見書案第33号【反対:公明提案…共産党以外の賛成で可決】
次代を担う若者世代支援策を求める意見書
  •  若者が非正規雇用で使い捨てされている状態に問題があり、「正社員が当たり前」の社会をつくることこそ必要だが、本意見書は現状を追認するものであり反対。代案として意見書案第38号を提案した。

意見書案第34号 【賛成:公明提案…風以外の賛成で可決】
メタンハイドレードの実用化を求める意見書

意見書案第35号 【公明提案…全会一致で可決】
患者数が特に少ない希少疾病用医薬品の開発促進・支援のための法整備等を求める意見書

意見書案第36号 【湖誠提案…全会一致で可決】
予防接種及び妊婦健康診査に係る財政支援を求める意見書
(共産党提案の意見書に対する代案。共産党提案は取り下げ)

意見書案第37号 【湖誠提案…共産党以外の賛成で可決】
生活保護基準のあり方等を検証し、国民の信頼に応える生活保護制度の確立を求める意見書
(意見書案第30号に対する代案)
  •  現在、生活保護基準以下の収入で生活保護を受けている人は2割に過ぎず、国民生活全体の底上げこそが求められている。そこに目を向けず生活保護基準のあり方のみを見直すというのは本末転倒であり反対。

意見書案第38号 【共産提案…共産党以外の反対で否決】
若者世代の雇用の拡大と労働条件の改善を求める意見書
(意見書案第33号に対する代案)

意見書案第39号【反対:公明提案…清正、惻隠、みんな以外の反対で否決】
地質・地盤評価も合わせて抜本的な安全対策が講じられるまで、大飯原子力発電所3号機及び4号機の運転停止を求める意見書
(意見書案第31号に対する代案)
  •  本意見書は、原子力規制委員会の安全基準を満たせば原発の再稼働を認めるという内容となっている。
     そもそも原発は安全技術そのものが確立していないものであり、ひとたび事故が起こればその被害は甚大で、ただちに廃炉すべきと考えるため反対。


▲上にもどる